英語を学んで国際力を身に付ける

教育訓練給付金制度などによる英会話の補助金

英会話の学習は社会人の中でもニーズは常にあり続けています。
しかしながら、その費用は自費で捻出している方が多いのではないでしょうか。
ここでは補助金を活用し、費用を抑えつつ学習していく2つの手段を述べます。
1つの手段は、ご自身がお勤めの会社の補助金制度を活用する方法です。
会社の福利厚生の一環で、自己啓発の支援として費用の一部を援助している会社があります。
お勤めの福利厚生制度をご確認の上、英会話が適用されるのなら大いに活用します。
もう1つの手段は、厚生労働省の教育訓練給付金制度を活用する方法です。
教育訓練という言葉から、パソコンや介護福祉士など、「手に職」系の講座をイメージしがちですが、英会話も教育訓練給付金の対象になっている講座があります。
具体的には厚生労働省の「教育訓練給付制度講座・検索」サイトを参照し、ご自身のライフスタイルに合ったものを選択します。
また、教育訓練給付金制度は「雇用保険の被保険者であった期間が3年以上」などご自身が適用対象かどうかも確認します。
確認や補助金申請にはやや手間がかかるかもしれませんが、最大10万円が補助されます。
できるだけ活用し、ご自身の金銭の負担を抑えながら、英会話をレベルアップしていくことをお薦めします。

補助金を利用して英会話教室に通おう

英語は今や、自分の希望の仕事を得るために手段であったり、より良い職場や労働条件を手に入れるために必要な要素と見なされています。
ですが、英会話教室に通うことになると、かなりの出費が必要になる場合もあり、誰もが気軽に勉強できる環境であるとは言い切れません。
さらに、離職者にとって、より良い条件で就職するためにも、英語のスキルは必要不可欠であるにもかかわらず、費用の問題で諦める人も沢山いるのが現状です。
こうした問題を解決できる方法があります。
それが、国から支給される補助金制度です。
これを、教育訓練給付制度と呼び、英会話教室でもその制度を利用して勉学に励むことができるようになっています。
一定の条件を満たす在職と離職者を対象とした制度であり、厚生労働大臣の指定を受けている講座を修了した場合、英会話教室に本人が支払った額の、一定割合が支給される制度になっています。
この制度を利用することで、気軽に利用価値のあるスキルを身に付けることができるようになっています。

Valuable information

ブルガリ 買取

2017/6/8 更新

Copyright (c) 2015 English × English. All Rights Reserved.